坂手牧場ってどこにあるの?

坂手牧場は、岡山県県北にある津山市中心地から北へ車で約30分の「加茂町」というところにあります。山々に囲まれた自然豊かな地で、裏山には清流加茂川へとつながる源流があり、お天気の良い日には、近くの高い山にあがれば、隣の鳥取県の砂丘まで見渡すことができます。

 ごあいさつ

私の父が酪農を始めたのは、昭和28年のこと。当時はどの家庭でも家畜として牛を飼っており、農家にとって牛はとても重要な労力になるため、家の中で牛を飼うということは、別段めずらしいことではありませんでした。その流れで、乳牛を1頭飼いはじめ、そこからが我が家の酪農家としてのスタートです。私が生まれた頃から、家族の暮らしは牛中心の暮らしでした。夜明けと共に、牛に挨拶をし、えさをやり、乳を搾り、生乳を出荷して1日が終わる。それがあたり前の日常。その生活は、酪農を父から受け継いだ今でも何ら変わりはありません。酪農は肉体的にも決して楽な仕事ではありませんが、何よりも大好きな牛たちに囲まれた生活というのは、私にとって何にも変えがたい幸せな暮らしです。この牛たちから頂く「恵み」と「いのち」を大切に、これからも酪農を誠実に続けていきたいと思っております。

代表 坂手 茂則

 坂手牧場の仲間たち

家族みんな動物好きが高じて、常時たくさんの仲間たちがいます。

 

 坂手牧場の歴史~はじまりは1頭の和牛から~

昭和28年それまで和牛1頭だった所、ホルスタインを1頭導入し酪農をスタート
昭和46年就農し30頭の牛舎を新築する
昭和48年34頭の牛舎を増築
昭和58年妻、美智子と結婚
平成6年70頭を収容できるフリーストール牛舎を新築
平成18年ブラウンスイス牛を導入(一頭)
平成19年自社牧場で育てた牛の肉を使ったビーフジャーキーを開発・販売
平成19年長男・三男が後継者として就農
平成25年加工施設を新築
(ビーフジャーキー・ソース製造工場)
平成25年干し牛燻、スモークドビーフ、自家栽培の野菜を使ったソースを開発・販売
平成26年チーズ製造で6次産業総合化事業計画の認定を農林水産省より受ける
平成27年東京ビッグサイトに開催のグルメアンドダイニングスタイルショー春2015に出展
平成27年ブラウンスイス牛の生乳でチーズの製造販売をスタート
平成27年代表者 茂則 畜産功労賞受賞
平成27年妻 美智子 毎日新聞社の農業記録賞優秀賞受賞

 坂手牧場会社概要

商号坂手牧場
所在地〒709-3908 岡山県津山市加茂町原口467番地
連絡先0868-42-2923(FAX兼)
代表者坂手 茂則
設立昭和28年4月
従業員数3名(2015年9月現在)
E-Mailinfo@sakatefarm.jp
頭数ホルスタイン 96頭・ブラウンスイス 4頭
事業内容牛乳の生産
チーズ製造・販売
乾燥食肉製品製造・販売
ソース製造・販売
その他6次産業化事業計画認定事業者
家族全員、認定農業者の資格を取得しております